上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちには約10年間乗り続けている、もともと5年落ちで購入した 

御年15才の中古の小さな小さなフランス車がある。

はっきり言ってボロ車である。 



我が家の庭のぶどう Aug. 30, 2014 
<庭で収穫のブドウ。甘いっ>
 

雨漏りはしてるし、塗装はハゲハゲだし、ワイパーのゴムはベロンベロンだ。

アンテナは、いつだったか洗車していた夫ひーくんがポッキリ折って

そのまんま放置されている。

計器もバカになっちゃっているのがあるし(スピードメーターとガソリン残量の計器は

動いているから支障はありません)

長男ピッピは「この車で学校に来ないで」と言います。  ひどい・・キズツクだ。


我が家の庭のぶどう2 Aug. 30, 2014 

でも。

悪名高き故障多発車にも関わらず、大金が掛かる故障をしたことがない

うちのハゲボロくんは、わたしにとっては愛玩車なのだ。

人格すら感じているので家族の会話を聞いている気がして、

ハゲボロくんの中にいる時に彼の悪口は絶対禁止である。

「あ~新しい車が欲しいなぁ」なんて以ての外です!


黄金桃 Aug. 22, 2014 
<黄金桃!>


ギリギリまで乗って、ピッピが将来都立高校に入れたら新しい車購入を

考えよう・・と、ひーくんとハゲボロくんのいないところでこっそり話していた

そんな矢先。     その日は突然やってきた。

バッテリーが寿命を迎え、エンジンがウンともスンとも動かなくなってしまった。

ロードサービスさんに取り敢えずエンジンを掛けてもらい、動かせるようにして

もらったハゲボロくんに乗りながら「・・もう疲れてきてるのかな・・休ませてあげようか」

という気持ちが夫婦の中にも ふつふつと湧いてきた。


黄金桃カット Aug. 22, 2014
<黄金色でしょ>



新しい車を迎えようか、という考えに小躍りしたのはひーくんとピッピである。

話はどんどん進んでいく。

わたしも納得して 夫婦で決めた新しい車がやってくることになった。

ディーラーさんは、ハゲボロくんを ありがたいことに

破格の下取り額で引き取ってくださることになった。

どんどん予定が決まっていくと、わたしは手放す切なさが胸に迫ってきて

ベソをかいた。   横目でじっと見てくる夫ひーくん。

ひーくん心の声「うそだろ、おい。またか」




納車日が決まった。 どんどん話は進んでいく。

当日は ハゲボロくんを新車が待つディーラーさんまで乗って行って

そこでハゲボロくんを託し、新車に乗って帰ってくることになった。

その予定に またわたしはメソメソ泣いたので、夫ひーくんに

「お前は納車について来てはダメ。俺だけで行ってくるよ」と、言われてしまった。

ハゲボロくんを置いてくるという、そんな切ない作業は涙なしではできないから

やはり わたしは行かない方がいいのだと思う。


次男アヅはわたしと同じタイプの人間なので、今は形見集めに勤しんでいる。

内装の割れてしまっていた部品、禿げていく塗装の一部、車の取り扱い説明書など。

せっせと思い出集めをしている。


あづ「おれ、新しい車には心を開かないんだ」

きくこ「それはダメだよ。彼も家族になるんだから優しくしてあげないと。
                                                                                  ハゲボロくんはもう疲れているんだよ。おじいさん馬を競馬で走らせたら

かわいそうでしょ?もう休ませてあげよう」うるうるうる。

こんなわたしたちのやり取りを ひーくんとピッピは冷たい目で見ている。

ただただルンルンしている二人組だ。



納車は明日・・・である。

今日もこれから最後にハゲボロくんを運転してこようと思う。

バイバイ(うるうるうるうるururur・・・・)



今日のゆり1 Aug. 29, 2014


すずしいから昼寝がはかどるわん。


 今日のゆり2 Aug. 29, 2014


おかさん、アヅ 元気出して。

新しいブップーもだいすきになるよ、きっとね。


















プジョー206の取説とキー Aug.30, 2014









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。