上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のお庭2 July 11, 2014

 少し遡ること5月、ピッピの左手の平の上部 人差し指と中指の間あたりに腫れ発生。

わたしの仕事や、ピッピ本人の部活、定期テストなどでなかなか病院に

行けず、ようやく近所の整形外科を受診できたのが6月末でした。

ひーくんは「お前とうとう水かきが出来始めたか」なんて冗談を飛ばし、

わたしも湿布か何かを処方してもらって終わりだろうと思っていました。

・・・・ところがレントゲンを見た先生は「う~~ん、悪性ではないと思うのだけど

腫瘍が見えますね・・・。MRI撮っておいた方がいいかな。」

あ・悪性?!

しゅ・腫瘍?!

M・R・I・・・・?!

ヒメイワダレソウ July 11, 2014

先生はまだ続けます。「MRIでもよく分からなければ、大学病院に紹介状を書くので

切開して細胞を採取して悪性か良性か調べることになると思うのだけど・・」

先生 容赦ありません。

だ・大学病院?!

切開&さ・さ・細胞採取?!

隣のピッピも見る見る青ざめていきます。 お母ちゃんのわたしも。

頭真っ白のkikuko親子はあれよあれよという間に、週末のMRI予約を

取らされて、気付けばお会計して駐車場の車の中。

「お・お母さん、俺、ガン? 切開するの? いいいい痛いのヤダ」

「ちちち違うよ、先生は悪いものではないと思うけど一応念の為って言ってたじゃん・・」

と、およよよ状態でふたりで帰宅しました。

ヒメイワダレソウ アップ July 11, 2014

わたしは実家の菩提寺の仏様に毎朝家族の健康と無事をお祈りしているのですが

それからはより熱心に具体的にピッピの手の平のことを祈りました。

MRI予約日の前日に思春期中坊ピッピとケンカしたので、ひーくんに

MRIの付き添いを丸投げしたのですが、実は一緒に行くのが少し怖くもありました。

長時間のMRI検査から帰宅したふたりは、先生から

やっぱり恐ろしい大学病院への紹介状とMRI検査のROMを託されていました。

ひーくん「やっぱり大学病院で診てもらった方がいいって」

わたし「えーーーーー(恐怖)」

ピッピ「せせせ切開痛い?痛い?まま麻酔も痛い?」

ひーくん「すぐに切開はしないと思うよ。先生も悪いものじゃないと思うけどって

言ってたし。念の為だよ」

はい、前回 わたしも先生からそう聞いてますとも。

でもこういう時 頭に巡るのは 悪い言葉ばかり。

悪性。

腫瘍。 

細胞採取。

                 大学病院。(この辺も既に不吉ワード)

紹介状。

ついでにMRI。

ピッピの頭の中でも不吉ワードが巡っているようでした。

麻酔注射。

切開。

腫瘍採取。

縫合。

いててててて。



大学病院診察日まで不安なオラとピッピは、再びケンカ。

お互い不安が不安を呼んでモヤモヤしていました。

そして、とうとう大学病院へ!

MRI検査結果をご覧になった大学病院の先生は、あっさり「大丈夫だよ。

全然悪いものではありません。(断言!これが本当に欲しかった!)

腫れも段々引いてくるだろうけど、まぁ半年後にもう1回見せてください。

とりあえずこのままでOK。 様子見ね。」 

麻酔注射&切開覚悟だったピッピはハレルヤ~♪気分に。

菩提寺の仏様だけに留まらず、道端のお地蔵様にも手を合わせてきた

お母ちゃんもホーーーーっと安堵。

こんな感じ、今年のはじめの乳がん検診でもあったなぁ・・・

そんなこんな言ってる内に先週受けたわたしの健康診断の結果が

そろそろ届くな・・・何ごともありませんように!

7月のお庭 July 11, 2014

とりあえず 今日は

ピッピとセブンイレブンでスイーツや美味しいものをいっぱい買って

仲良くおうちで食べてお腹いっぱいになりました。


改めて 健康がなにより大事だと本当に思います。

仏様、神様、ご先祖様、ありがとうございます。

これからも見守ってくださいませ。

のんのん。

今日のゆり July 10, 2014 

<すごく可愛い家族、天使ゆり>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。