前回の日記、長男ピッピの高校受験ものがたりのつづきです。

まだ読まれていない方は、ひとつ前の日記からお読みください。

☆彡

さて、1学期の通知表が出て、ある私立大学の附属高校B校を志望校に決定したピッピ。

先にあったB校の6月の文化祭も見に行っており、中三生対象の進路相談コーナーでは

担当の先生に「単願志望です」とアピールも怠りませんでした(笑)

キッチンとフレンチスープ皿 July 2016


そして、夏休みがはじまってすぐの中学の担任の先生との三者面談で、

都立ではなくB校を受験したい旨伝えました。

日頃より生徒をよく観察してくれているC先生は、興奮したようにこう言いました。

「ピッピにはそれがいい!ピッピは友達が大好きで、その分環境や友人に

流される傾向がある。大学に進みたいならば、高校の環境が大学へと目が向いている

ところの方がピッピの今の希望の進路に進みやすいだろう。賛成です!」

C先生がそうおっしゃってくれるなら、もう微塵の迷いもありません!

キッチンと焼き過ぎブルーベリースコーン Aug. 2016

夏休み中には、早速B校のオープンスクールにも参加しました。

部活動などで登校している生徒たちがさわやかに「こんにちは!」

とあいさつしてくれました。

先生に言われているのでしょうが、それを実行できる素直さにも感心しました。

私立なので、校則も比較的厳しいようですが、明るく普通の高校生たちが

過ごしているといった印象でした。

6月の文化祭の時にも「学校楽しい?」と在校生に聞いてみたところ

元気に「はい!楽しいです!」と答えてもらったこともありました。


そして2学期の中間、期末テストで少し挽回したピッピ、

ドッキドキの内申点は英検・数検3級の加点も手伝って、

なんとか5教科18をクリアできました。←神様仏様ありがとうございます。

(いや、本当に検定受けておいて良かったです。私立受験の方は絶対挑戦

しておいた方がいいと思います)

フランスブロカント ボウリングピン&包帯セット Aug. 2016

あとは、12月に中学の先生が受験相談といって、受験先の高校に内申書を持って、

「この生徒が御校を受験したいと思っています。受験可能でしょうか?」と

確認しに行ってくれます。

私立校の場合、この受験相談で受験可と言ってもらえると

面接でよほどのことがない限り合格へとつながるところが多いので、

ここまでが一つの山場になります。どきどきです。


あとは、面接の練習の場数を踏み(中学校や塾や家庭で模擬面接しました)

年明けの面接に臨みます。(えっと・・ばっかり言わない!アイコンタクトして!)

そして、いただきました!合格!!!←お父さんお母さんありがとうは??

振り返ってみると 合格発表と同じくらい、

いえ、それ以上に2学期の内申発表や受験相談の方がキンチョーしました。

ドッキドキド!です。


晴れてクラスで1番に合格をもらったピッピは、B校からどっちゃり宿題をもらいましたとさ。

そこからは同級生たちも続々と高校が決まっていき、同じ地域に住んで同じ市立中学に

通っていた子供たちは、春 それぞれの道に!

今日のゆり 微笑み Aug. 2016


4月。なぜか特別進学クラスに紛れ込んでしまったピッピくん、現在 苦労してます(笑)

(入学前の新入生テストで得意なとこだけ出たんでしょうか?どっちゃり宿題が功を奏した?)

「クラスのビリッけつ、俺が取ってあげてるんだ。」←やめなさい。

まぁ、いいんですけど。

お願いですから、このまま塾なしで上の大学まで行ってもらえませんか?

塾に行くようになると本末転倒なんで。



長くなりましたが、これで我が家の高校受験ものがたり完結です。

恥を忍んで書いたのは、ピッピくらいの普通の成績の子って結構受験に

悩むんじゃないかと思ったからです。

少しがんばれば、ひとつランク上の高校に行けるかもしれない。

でもちょっと気が緩むと妥当な高校も落ちるかもしれない。

公立にするか私立にするか、高校の先はお勤めか、大学か、専門学校か。

普通の成績の子が一番さじ加減一つで進路が変わるように思ったのです。

(賢い子は賢い子の世界で大変そうですが・・)

大学附属校に入ったからと言って、必ず上の大学にいけるわけではありません。

クラスでビリのピッピ、危ういです!

それでも、都度相談したり一緒に悩んだりして、この先もピッピの気持ちを

大切に進んでいきたいです。

そして一度しかない高校時代、思い切り楽しんでもほしいな!

こんなピッピのものがたりが、どなたかの参考になったらうれしいです。


☆彡


ピッピの私立高校の毎日も、また機会があったら日記に綴りたいと思います。

合格したはいいけど、実際の高校生活はどうなの?って思いますよね♪

ピッピが受験生の時に見つけた、うちと同じ考えの親御さんの受験ブログを

すごく参考にさせてもらって勇気ももらったのですが、入学してからの記事が

なくて、その先の行方がすごく知りたくてウズウズしました(笑)










半年も日記を放置している間に年度末を越え新しい春が過ぎました。

昨年度中三男子だった長男ピッピも晴れて高校生になりました。

以前日記にも書きましたが、本当にTHE普通な成績のピッピ。

今日は恥を忍んで、ピッピの「高校受験ものがたり」を綴りたいと思います。

定期テストでは、まあまあ得意な科目と苦手な科目が混在し

5教科合計にすると、3年生1学期の時点で大体学年の真ん中よりちょっと上くらい。

オレンジの花と庭の小屋 July 2016

1,2年生の時は中の上~上の下の成績だったのですが、肝心な3年生で下がってきたのでした。

おのずと通知表も普通の評価(3)にちらほら毛(4)が生えてる程度になってしまいました。

ちなみに通知表で5をもらえたのは3年間で1回だけ(数学)^^;。


時をさかのぼって、2学年修了した春休みに話を戻します。

それまでは「ピッピ君は、都立高校に入って、推薦で大学に入れたらいいな」と漠然と

考えていたkikuko一家。

ここらで一度親子の話し合いを持つことにしました。

ピッピの妥当レベルの都立高校に入って、果たして大学受験はそうとう苦労するのでは?

という考えが父母の脳裏によぎっていたからです。


八月の庭 モッコウバラとオリーブと壁面 Aug. 2016

まず、ピッピに高校卒業後の進路について彼本人の気持ちを確認。

まだ具体的な目標もないからこそ、大学には進みたいとのこと。

年上のいとこが大学生だったこともあり、憧れもあるようでした。

ならば、高校の先の進路も踏まえて今回の受験を考えることで決定しました。

①都立高校に入って、大学受験のための塾や予備校通いもする。(夏期講習など含む)

②私立大学附属高校に入って、塾なしで系列大学進学を目指す

ここで初めて私立高校受験という選択肢が出てきました。

通っていた塾の先生に相談し、どちらがよりお金が掛かるか

簡単にシミュレーションを出してもらいました。

私立校の場合学費はピンキリなので一概には言えませんが、

学費の安めな附属校を選べば、都立校でがっつり塾通いするより安くあがるということ。

マジか!

目からウロコでした。

キッチンとフレンチスープ皿 July 2016 

高校を出てからすぐお勤めを希望なら、都立高校&塾なしで一番金銭的には助かります。

しかし本人が進学したい以上は、特に公立校の子は塾なしで大学に行けるような一握りの

選ばれし者以外はせっせと塾だ予備校だと通うのが一般的ですよね。

うちのピッピ君ももちろん選ばれし者からは早々にこぼれ落ちていたので、

これは大学附属校に絞っていくか!という話に親子で盛り上がっていきました。

もうひとつ、ピッピにとっての利点として、私立は筆記テストがあるとしても

国数英の3教科であることがほとんどなのですが、ピッピが理社に比べて

3教科の方が得意だったことも有利に働くような気もしました。

(暗記系の理社は単元によっては平均点以下を取ってくることもあったのです)

2学年の修了段階でここまでの話し合いがなされ、

受験資格が得られそうな(内申点が足りそうな)附属校をピックアップし始めました。

平行して、もし内申点が少し不足しても、単願(その高校が第一希望で、

合格をもらえた時には必ず入学するもの)であれば加点対象としてくれる英検、漢検、数検の

3級も合格しておくと安心ということで、英検3級と数検3級も受験することにしました。

目標を親子でしっかり決めたところで、3学年スタートです。


先にも書いた通り、それなのに・・・3年生の1学期で成績が落ちてしまったピッピ。←がっかり

東京都では第3学年の2学期の内申点(通知表の5段階評価)が受験する高校に提出されます。

でも2学期の評価は、1学期の評価も込みで内申点として出されるので

厳密に言うと3年の1学期から評価に入ることになります。

1学期の内申が出る前は、ある私立大学の附属校A校とB校の2校に志望を絞っていたのですが

(A校は偏差値60、B校は偏差値53。ピッピにはA校は厳しいようですが、

受験資格<内申点5教科20以上。5教科オール4でクリアの計算>に足りていれば、

面接だけで受験が終わるんです。A,B校共推薦受験ではペーパーテストなし。

B校の受験資格は内申点5教科18以上でした)1学期の内申が出た時点で

ハードルの高いA校はあきらめることにしました。

もし、頑張って頑張って合格できたとしても、入学してから本人が辛くては

せっかくの青春時代可哀想ですものね。

1学期中に、目標にしていた英検、数検の3級は取得できていたのですが、

A校は内申不足分の加点対象は準2級から。ぐうの音もでません(笑)

A校は都会の住宅街にあり、校舎も新しくて良かったのですが仕方ありません。

2学期に頑張って少し内申を戻すことを目標にして志望校はB校に決定です。

偏差値もピッピ本人にぴったりですし気持ちはB校1本に絞りました。




長くなったので、次回に続きます☆彡











ごぶさたのおうち日記更新です。

時々覗きに来て下さる方がいらっしゃったら、本当にごめんなさい!

という言葉では済まないほど放置しています><

ごめんなさい!!



インスタグラムをご覧になれる方は、そちらでおうちやお庭

の様子頻繁に更新していますので、チェックしていただけると嬉しいです。

インスタグラムでは、kikuko_kikuchikyokoの名前でやっていますので

よろしくお願いいたします。


しかし、毎日あづいですね~。

長男ピッピは高校生になり、次男アヅは中2生になりました。

夫ひーくんは都心に異動になり、大忙しです。

変わらないのは、わたしとチワワのゆりちゃんだけ。

われらまったりコンビは真夏はおうちに引きこもっております。

スマイリングゆり August 2016 

<ゆりちゃん、いい笑顔!アヅとともに>
 


最近のおうちやお庭の様子、インスタとダブリますがいくつかアップします。

ご覧になるとお気づきになるかもしれませんが、

最近すっかりフレンチインテリア傾向に。

それも南仏よりパリっぽさに惹かれてます。

庭の小屋 August 2016
真夏の庭
小屋も随分ツタが絡まってきましたYO。



リビングとババロアピンクのフレンチシェルフ August 2, 2016 
リビング

ババロアピンクのフレンチシェルフは冬に仲間入り。

カラフルでも、ベージュが混ざったような色が好き♪



  キッチン漆喰棚 June 2016
キッチンの漆喰棚のアンティークたち。

花器に花をドサっとおもむろに生けるのも最近のお気に入り。



6月のキッチン June 2016 
キッチン。

朝日が気持ちいい!



寝室 June 2016 
寝室。床は白くペイントしました。

リビングが割りとカラフルなので、こちらは落ち着いた白。



ゆり生首~ August 2016 
最後に、だるだるな息子たちと生首ゆり(笑)


たまにはおうち日記も更新しますね。

懲りずに遊びに覗いてください!




| main |