上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  梅雨明けのお庭 July 28,2014

先週のぎっくり腰から徐々に復活。只今普通の暮らしをしながら

リハビリ中です。 サボって・・いえいえ養生させてもらっていた

家事も始め、もう少しで完全復活です。

ぎっくり腰以前から(暑くて、蚊が多くて)封印していた草むしりも

今朝は蚊取り線香をお供に 全体的になんとな~~く 

やってみました。(リハビリ リハビリ)

今朝は涼しかったですからね!

昨夜もとても涼しくて 本当によく眠れました。


梅雨明けのベンチ周辺 July 28, 2014 

夏休みに入った長男中2ピッピは毎日結構忙しい。

部活もあるし、夏期講習もあるし、友だちと遊んだりもしたい。

昨日は原宿でも渋谷でも、まして立川(一番近い都会?)でもなく

なぜか聖蹟桜ヶ丘に部活仲間と遊びにいった。

すこぶる楽しかったらしいですよ。

聖蹟桜ヶ丘に中2男子たちを惹きつける何かがあるんだろうか?

結構なナゾである。

梅雨明けの庭の門扉とミルク缶 July 28, 2014 

小6の次男アヅはさして忙しくありませんが、根がまったり君なので

ゆらりと長い夏休みを過ごしています。

このピッピとアヅとひーくんが、わたしのぎっくり腰の際は

家事メンズになりまして、自発的役割分担&頼まれたら即動く的に

素晴らしく、 反抗期真っ只中の例の人も

それはさて置きな様子でとてもとてもお利口さんでした。

ありがとう、みんな本当にありがとう!

梅雨明けの柏葉アジサイ July 28, 2014 

今週末から子供たちは、私の実家のじいじばあば宅に帰省予定。

じいじばあばのお手伝いが目的でお盆まで滞在です。

ということは、少々仕事はあるものの、わたしの本当の意味での

夏休みがはじまります!

祖父母には滅法弱くて、いい子いい子になる子どもたち。

さぁ、2週間もつかな?

夏の庭 2008 with swimming shorts 

越してきて間もなかった2008年夏の庭。

今では大きくなったオリーブも、この頃はフェンスの陰で

見えないくらいの植えたて苗でした。

まだアーチも門扉も小屋(2013年11月完成)もなく、

干してある子どもたちの水着も小さいなぁ。

この頃は夫ひーくんがゴルフの素振りもでけた。

今は大きな木や宿根草や小屋やテーブルがあってできなくなった。

この庭は この庭で、可愛かったな。

もう戻れない、けど。

スポンサーサイト
 カップボードの上 July 16, 2014

昨日、家族でバスに乗り夕食に出掛けた帰り 

突然のゲリラ豪雨に見舞われた。

バス停に降り立ってすぐ降り始めた雨はすぐに大粒になり

とたんに夏の雨の匂いとともに私たちは大雨に囲まれた。

フットワークの軽い長男ピッピと旦那さんひーくんは 

おうちの鍵を持って ひとっ飛びで駆けていった。

ノロマのわたしは、次男アヅと1本持っていた折りたたみ傘を開いて

ギューっと体を寄せて家路を歩いた。

大粒の雨の中 わたしとアヅは「キャー」とか「ヒャー」とか言いながら

  ポッと明かりの灯ったおうちを思った。

小さな傘で二人を覆うには限界があり、頭以外は二人とも既に

全身びっしょりだった。

靴もパンツも雨まみれだった。

もうすぐおうちだ。


 
今日のゆり July 11, 2014 

やわらかい明かりの灯る、可愛いゆりちゃんがチョコンと待つ

わたし達のおうちが見えてきた。

世界が全部雨みたいな夜に、ひーくんとピッピが点けた黄色い明かりが

フワリとおうちをファンタジックに浮かび上がらせて

あ~ おうちだ♪ と思った。





今日のゆり July 18, 2014 


濡れ鼠2匹がようやく玄関にたどり着くと

ひーくんがタオルを持ってきてくれた。

ゆりちゃんが「おかえり おかえり。 おかさん おかえり。」と

出迎えてくれた。

ゆりちゃんは絶対に「みんなだけで どこにいってたの?」

と言わない。

ただ「おかえり おかえり。 あいたかったよ!」と言う。


今日のゆり July 14, 2014 

ゆりちゃん ただいまね。

今日のゆり2 July 14, 2014 

そして みんなで順番にお風呂に入って

気持ちのいいパジャマに着替えて 

ゆりちゃんとみんなでお喋りしてテレビを見た。


紫のタチアオイ July 18, 2014 

大好きなおうちの そのまた中心には

いつも ゆりちゃんがいる。

そして、笑ったり怒ったり大騒ぎなきくこ家の人間たちは

ゆりちゃんの顔を見て みんなハッと我に返ったり

やさしい気持ちになったり するのです。

昨夜の豪雨のあとの 今日は さわやかな空。

心穏やかに 過ごす 連休最終日・・・・

と言いたいところですが、 とほほ。 

わたしはトイレ掃除で ぎっくり腰再発です。。。。


7月のお庭2 July 11, 2014

 少し遡ること5月、ピッピの左手の平の上部 人差し指と中指の間あたりに腫れ発生。

わたしの仕事や、ピッピ本人の部活、定期テストなどでなかなか病院に

行けず、ようやく近所の整形外科を受診できたのが6月末でした。

ひーくんは「お前とうとう水かきが出来始めたか」なんて冗談を飛ばし、

わたしも湿布か何かを処方してもらって終わりだろうと思っていました。

・・・・ところがレントゲンを見た先生は「う~~ん、悪性ではないと思うのだけど

腫瘍が見えますね・・・。MRI撮っておいた方がいいかな。」

あ・悪性?!

しゅ・腫瘍?!

M・R・I・・・・?!

ヒメイワダレソウ July 11, 2014

先生はまだ続けます。「MRIでもよく分からなければ、大学病院に紹介状を書くので

切開して細胞を採取して悪性か良性か調べることになると思うのだけど・・」

先生 容赦ありません。

だ・大学病院?!

切開&さ・さ・細胞採取?!

隣のピッピも見る見る青ざめていきます。 お母ちゃんのわたしも。

頭真っ白のkikuko親子はあれよあれよという間に、週末のMRI予約を

取らされて、気付けばお会計して駐車場の車の中。

「お・お母さん、俺、ガン? 切開するの? いいいい痛いのヤダ」

「ちちち違うよ、先生は悪いものではないと思うけど一応念の為って言ってたじゃん・・」

と、およよよ状態でふたりで帰宅しました。

ヒメイワダレソウ アップ July 11, 2014

わたしは実家の菩提寺の仏様に毎朝家族の健康と無事をお祈りしているのですが

それからはより熱心に具体的にピッピの手の平のことを祈りました。

MRI予約日の前日に思春期中坊ピッピとケンカしたので、ひーくんに

MRIの付き添いを丸投げしたのですが、実は一緒に行くのが少し怖くもありました。

長時間のMRI検査から帰宅したふたりは、先生から

やっぱり恐ろしい大学病院への紹介状とMRI検査のROMを託されていました。

ひーくん「やっぱり大学病院で診てもらった方がいいって」

わたし「えーーーーー(恐怖)」

ピッピ「せせせ切開痛い?痛い?まま麻酔も痛い?」

ひーくん「すぐに切開はしないと思うよ。先生も悪いものじゃないと思うけどって

言ってたし。念の為だよ」

はい、前回 わたしも先生からそう聞いてますとも。

でもこういう時 頭に巡るのは 悪い言葉ばかり。

悪性。

腫瘍。 

細胞採取。

                 大学病院。(この辺も既に不吉ワード)

紹介状。

ついでにMRI。

ピッピの頭の中でも不吉ワードが巡っているようでした。

麻酔注射。

切開。

腫瘍採取。

縫合。

いててててて。



大学病院診察日まで不安なオラとピッピは、再びケンカ。

お互い不安が不安を呼んでモヤモヤしていました。

そして、とうとう大学病院へ!

MRI検査結果をご覧になった大学病院の先生は、あっさり「大丈夫だよ。

全然悪いものではありません。(断言!これが本当に欲しかった!)

腫れも段々引いてくるだろうけど、まぁ半年後にもう1回見せてください。

とりあえずこのままでOK。 様子見ね。」 

麻酔注射&切開覚悟だったピッピはハレルヤ~♪気分に。

菩提寺の仏様だけに留まらず、道端のお地蔵様にも手を合わせてきた

お母ちゃんもホーーーーっと安堵。

こんな感じ、今年のはじめの乳がん検診でもあったなぁ・・・

そんなこんな言ってる内に先週受けたわたしの健康診断の結果が

そろそろ届くな・・・何ごともありませんように!

7月のお庭 July 11, 2014

とりあえず 今日は

ピッピとセブンイレブンでスイーツや美味しいものをいっぱい買って

仲良くおうちで食べてお腹いっぱいになりました。


改めて 健康がなにより大事だと本当に思います。

仏様、神様、ご先祖様、ありがとうございます。

これからも見守ってくださいませ。

のんのん。

今日のゆり July 10, 2014 

<すごく可愛い家族、天使ゆり>




沖縄に 台風が近づいていて、東京は気温は高くないけれど

蒸しているMonday Monday です。

玄関ホールとお花 July 7, 2014

今回の台風は相当強力のようで、ここ数年の想定外なお天気もそうですが

小さな人間たちはオロオロするばかりで心細くなりますね。

大きな地球や宇宙を前にすると ただ小さくなって目をギュっとつむって

自然の脅威が通り過ぎるのを待つだけ。

太古の昔からそうだったろうし、これからもそうなのだろう・・・と思います。

自然は怖くて・・・でも優しいのだ。


チワワのゆりちゃんも然り。

癒し、可愛さ、和み、愛を家族にチャージしてくれる丸ごと天使さん。

でも、ご飯中に近づいて話しかけると「グーーーッ怒」と言うのは、

天使だからといって舐めちゃいけません、という戒めです。


ここで一首

「ゆりと自然 愛は深いが メリハリを 人に求める 厳しさもあり」

(ちと字余り・・・)


サクランボ July 7, 2014 







| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。